北信濃神楽採訪

サイトリ舞




栄村、野沢温泉村、飯山市の一部地域に「サイトリ舞」「サイトリメン」「サイトロメン」という舞いがあります。「サイトリサシの舞」といって北信濃以外、県内では南木曽町など、さらに全国に分布しているようです。奥信濃のサイトリ舞は、子どもが演じる素朴なものや、活発に飛び跳ねるもの、大人が演じるおどけたものとがあります。旋律は似通っています。

栄村大久保の豊年踊りの旋律は似通ってはいますが違う囃子でしょうか。また飯山市に入ってくると栄村のとは変化しているようです。なお、野沢温泉村東大滝では天狗舞の前奏に、飯山市温井では獅子舞に使われていました。飯山市温井と野沢温泉村七ケ巻、これより南の方では今のところサイトリ舞やこの旋律は確認していません。

舞の内容は「サイトリサシ」という鳥をつかまえる職人が、鳥もちを練って、鳥を捕まえたものの、不注意やじゃま者のいたずらなどで鳥を逃がしてしまう様子を演じています。

分布;似通った囃子を確認できたところ

音源