北信濃神楽採訪

喬木村 阿島 八幡神社・安養寺

Date

  • 2018年(平成30年)10月21日 南信州獅子舞フェスティバル ☀
  •  13:45 獅子舞(飯田市中央通り)
  •  14:00 獅子舞おわり

Clip

獅子

 


Location

八幡社 下伊那郡喬木村阿島1471

Notes


「信州の祭り大百科」(昭和六三年十二月十五日、長野
県民俗の会監修、郷土出版社)から引用

阿島毘沙門天祭り(阿島祭り) 喬木村

 阿島にある真言宗安養寺の脇本尊、毘沙門天と、阿島の
鎮守 里原八幡宮とを祀る神仏混淆の祭りである。・・
 ・・八幡社において御神体が神輿に移されると、渡御の
行列が出発する。正午ごろである。行列は、神主・氏子総
代を先頭に、龍頭、前旗、大榊、唐櫃、御神刀、弓矢、前
衛、神輿、側衛、後衛、大榊、後旗と続く。その後に各耕
地(南・町・北・寺の前)から出迎えに集合した囃子屋台、
旗枠などが出発し、最後に獅子が練りながら安養寺に向か
う。
 獅子舞は幌の中に、太鼓や笛で囃す囃子方と舞手がは
いって舞う練り獅子で、別名「あばれ獅子」とも呼ばれ、
よく知られている。・・
 ・・毘沙門堂では護摩壇が設けられ、大般若経六百巻が
転読される。獅子屋台、旗枠が境内に到着し、次いで獅子
が御旅所の神輿、毘沙門天などを参拝すると、祭りは最高
潮となる。
                  (文は三石稔氏)