北信濃神楽採訪

野沢温泉村 重地原 一宮神社

Date

  • 2009年(平成21年)8月29日(土) 秋季例大祭 (夜宮) ☁
  •  21:50 シメキリ(天狗舞い)
  •  22:00 宮入
  •  22:00 舞込獅子
  •  22:05 獅子舞い
  •  22:25 獅子舞い奉納おわり

Clip

シメキリ(天狗舞い)

 


舞込獅子

 


獅子舞い

 


獅子舞い(おこり(2))

 


Location

一之宮社 下高井郡野沢温泉村大字豊郷字蟹明3142

Notes


「長野県の民俗芸能」(平成七年三月三一日、長野県教
育委員会編集、発行)から引用

重地原の獅子舞

 二人立ちの獅子舞で、明治二十年ごろ飯山市大字柏尾から
伝承された。獅子頭は雌獅子である。道中舞の中に木刀・オ
ンベを採り物にした、ひょっとこの面かぶりが出て獅子あや
しが出る。ひょっとこの舞をささら舞という。


「野沢温泉村の氏神様」(平成二十六年三月二十日
野沢温泉村教育委員会発行)から引用

一之宮社(重地原地区)

 ・・祭り当日、夜九時頃、祭典部や区民が集会所に集まる
と、寄せ囃子が始められ、獅子舞が行われます。次に集会所
を出発した猿田彦命が鳥居前で舞いシメを切って神の道が開
けられます。そして鳥居から拝殿まで獅子が舞込み、拝殿で
もう一度獅子舞が行われます。

・獅子舞  油単舞、剣舞、御幣舞、鈴舞が行われます。獅子
 舞は明治二〇年頃に(現)飯山市柏尾・南組から伝えられ
 たと言われています。
・シメキリ  赤い天狗面、頭に雄鶏の乗った兜をかぶった白
 装束に陣羽織の猿田彦命が、刀とタイマツを持って舞い、
 シメを切ります。