北信濃神楽採訪

中野市 草間 日和山神社

Date

  • 2003年(平成15年)9月13日(土) 秋季例大祭 (夜宮) ☀
  •  20:00 宮入
  •  20:15 獅子舞い「神楽」
  •  20:30 獅子舞い「持込神楽(ササラ)」
  •  20:50 獅子舞い「面神楽(鬼獅子)」
  •  21:15 獅子舞い「伊勢神楽」
  •  21:40 獅子舞い奉納おわり

Clip

灯籠⁄神楽

獅子舞い「神楽」

獅子舞い「持込神楽(ササラ)」

獅子舞い「面神楽(鬼獅子)」

獅子舞い「伊勢神楽」

Location

日和山神社 中野市大字草間字屋敷添616

2009(H21).9.13

Notes


中野市指定無形民俗文化財

昭和四十七年十二月二十五日指定

ひよりやまじんじゃ おにじし
日和山神社鬼獅子

 日和山神社の秋祭の宵宮(よいみや)に舞われる獅子を俗に
鬼獅子といいます。鬼が獅子と一対一で舞い争うこと
を中心とするこの鬼獅子は珍しいものです。
 舞台は境内に建てられた神楽殿で、間口十五m、
奥行五mで、背景に座敷の絵が描かれています。
獅子舞の演目は、神楽、鈴神楽、持込(もちこみ)、鬼獅子、
太刀(たち)神楽、伊勢神楽、正大(しょうたい)神楽の
七演目があり、一連の所要時間は、二時間半ほどになります。
この鬼獅子は、刀と鈴をもった獅子の刀の舞の最中に、シャグマ
(赤髪)で銀の角の鬼が、腰蓑(こしみの)をつけ鉄棒等をもって
現れます。鬼は獅子と向い合い、食いつこうと
する獅子に対し、鬼は高く飛び上って威嚇するなど、
豪快な舞です。
 また鬼獅子で使われる潮来節(いたこぶし)は江戸時代末から
明治初年にかけて全国的に流行したものです。

平成十五年設置
中野市教育委員会