北信濃神楽採訪

中野市 赤岩 高杜神社

Date

  • 2002年(平成14年)10月7日(月) 秋季例大祭 (夜宮) ☀
  •  20:30 燈篭・神楽・太鼓 揃い場 集合
  •  21:50 宮入
  •  22:15 太鼓・神楽(囃子) 奉納
  •  22:35 獅子舞い
  •  23:00 獅子舞い奉納おわり
  • 2012年(平成24年)10月7日(日) 秋季例大祭 (夜宮) ☀
  •  21:50 宮入
  •  22:10 太鼓・神楽(囃子) 奉納
  •  22:45 獅子舞い
  •  23:25 獅子舞い奉納おわり
  • 2012年(平成24年)10月8日(月/祝) 秋季例大祭 ☀
  •  15:10 太々神楽「禊の舞」
  •  15:35 「鈴神楽の舞」
  •  15:45 「龍田の舞」
  •  15:55 「大和遊の舞(千代の舞)」
  •  16:00 「二柱の舞」
  •  16:10 「四弓殿の舞」
  •  16:30 「岩戸開きの舞」
  •  17:10 太々神楽おわり
  •  ※他に「四方三礼の舞」「神楽舞」「恵比寿」「流殿」がある

Clip

灯籠⁄神楽⁄太鼓 (2002)

(2012)


獅子舞い (2002)

獅子舞い (2012)


太々神楽「禊の舞」「鈴神楽の舞」「龍田の舞」「大和遊の舞」「二柱の舞」


 


「四弓殿の舞」


「岩戸開きの舞」


Location

高杜神社 中社 中野市大字赤岩字神宮寺下563

高杜神社 里宮

Notes




中野市指定無形民俗文化財

平成四年四月三十日指定

あかいわの だいだいかぐら
赤岩の太々神楽

 室町時代末期から江戸時代を通して、伊勢神宮(三重
県)熱田神宮(愛知県)の御師や社家の家の神前で、全
国各地から参詣に訪れる太々講などの人々によって神楽
が奉納された。
 小神楽・大神楽・太々神楽の区別があり、太々神楽は
最も大規模に行われたもので、のちに奉納神楽の美称と
もなった。
 神楽を舞の性格から区別すると、巫女神楽、採物神楽、
湯立神楽、獅子神楽となる。
 赤岩の太々神楽は採物神楽の要素が多く入っており、
また信仰と娯楽の二つの要素を合わせ持ったもので、奥
信濃では、このような類の神楽を太々神楽といっている。
 太々神楽は神への奉納と、人々の娯楽の二つの要素を
持つ神事芸能で、長い間大勢の人により守り伝えられて
きたもので、現在は高社講の人たちが中心となり、氏子
中の楽人や舞い人が、伝習し、稽古を積んで奉納している。

平成十四年十月設置
中野市教育委員会