北信濃神楽採訪

奥信濃 1 チャンドコ



「チャンドコ」は飯山市や野沢温泉村の一部地域の囃子(曲名)。この旋律は、岳北(高社山の北)から県境までの奥信濃に広く分布し、道中囃子、獅子舞い、天狗舞いの囃子に聞くことができる。岳南(高社山の南)、豊田村・上水内郡以南へ、この囃子の伝播はなさそう。見聞きしていない。

栄村の囃子は、野沢温泉村・飯山市・木島平村のと比べテンポが早くフレーズも短い。どちらが、どちらへ伝播したものか。もともと別の旋律なのか。中野市北間長瀬、笠原、金井などの太鼓(山車)にも似通ったフレーズが聞こえる。中野市田上の囃子は道中舞で囃されるなど雰囲気は似通ってはいるが旋律はだいぶ異なっている。なお田上はイタコ獅子といわれるようだ。

アレンジ・変奏も多い。参考に飯山市小菅の音源を二つ載せたが、道中と刀舞いとで調子を変えている。

楽器の特徴として、大太鼓は陣太鼓や桶胴太鼓が使われている。極野、柏尾など巨大な太鼓を使っている。笛は、低音で獅子舞いを複数人で吹く連管が多い。

奥信濃のうち北部では、すり鉦(銅拍子・チャッパ・シンバル)が多く使われている。長野市周辺で使われている当たり鉦(すり鉦・チャンチキ・チャンギリ・四助)は、奥信濃ではあまりみかけない。また奥信濃も南部だと鉦を使わない地域が多い。

分布

音源